top of page

CoderDojo多摩センター開催報告 #47

2022年6月26日 (日) 10:00~11:30 CoderDoJo 多摩センター 第47回 コーダー道場が開催されました。




今回は7名のニンジャが参加してくれました。新規が1名です。

いつも通りチャンピオンからコーダ道場のガイダンスで始まりました。コーダ道場って何?プログラミング教室と違うの?というところから説明がありました。



ガイダンスの後はもくもくプログラミングタイムです。すでに道場に慣れているニンジャは先にプログラミング開始です。みんなやりたいことをやっていていいですね!親子で調べながら進めるのがとてもいいなと思います。



プログラミングタイムが終わったら次は発表タイムです!

今回はみんな発表したがってモリダクサンでした。

すべては紹介できないのですが、順不同でご紹介させていただきます。



まずは、いつも参加してくれる小学5年生のニンジャ。

前回も見せてくれたmicro:bitを使った車の衝突センサーのプログラムを改良しました。

以前はmicro:bitに接続した超音波センサーの判定時に障害物があったら右に転回する、もしくは左に転回するというロジックになっていました。それだと袋小路のような場所に入るとどうにもならなくなっていました。今回はこれを連続してセンサーが認識したら180度回転するようにしました。

これで課題は解決されましたが、センサーがあまりに高さの低い障害物を認識しないので、道場ではケーブルのようなものにひっかかってうまく動かないこともありました。



プログラムをもう1つ紹介してくれました。

こちらは、瞑想ゲームで、最初に指定した時間を脳内の時間であてるというものです。

音声合成により、目をつむっていてもわかるようなインタフェースに工夫したのが良いですね!


次は、バトルゲームです。

アンダーテールのようなゲームですが、猫がビームを出すのがすごく動きとしておもしろかったです。

動画はこちら。


次のプログラムは勉強RPGです。ここ数回の道場で作成していてパワーアップしているプログラムです。セリフのスピーディな表示だったり、バトル画面が改良されています。

「燃えろ!すたでぃあーるぴーじー」というタイトルで、勉強した時間が経験値となりモンスターと戦うことができるようになります。特訓をしてパワーアップすることもできます。



続いて対戦ゲームです。1台のPCで左側と右側に分かれての対戦シューティングのゲームです。キーを押していれば延々とビームを出し合えるのでなかなか決着がつきにくそうなのですが、以外と少し高さをずらすようにするとダメージを与えられるので面白いです。



次は卵からドラゴンが生まれるプログラムです。今にも生まれそうな卵をうまく表現できていますね!ひびが割れていく様子もいい感じです。会場のおじさんメンターたちは卵が割れた後の殻の落ち方がきれいだなー!と感動していました。

それをみたニンジャは「こういうのがうけるのか!」と感心していました。おじさんたちの受けるポイントを理解しつつあるニンジャでした(笑)



次回は、2022年7月24日 (日) 10時~11時30分の開催予定です!

お申し込みは当サイトの上部メニューからお願いします。


暑い日が続きますが、またみんなと元気に会えることを楽しみにしています!


閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page