top of page

CoderDojo多摩センター開催報告 #23

2020年5月20日(日) 10:00-11:00 オンラインで第23回道場が開催されました。オンラインでの開催も二回目となり、やはりオフライン開催とかってが異なるので、参加状況がどうなるか不安でしたが、今回も7名のニンジャが参加してくれました。しかも!北は北海道、南は滋賀県からと場所も様々。CoderDojo「多摩センター」ではありますが、昨今のこの状況は新しい道場の形態も産まれそうですね。




さて、いつもは初めての参加者も必ずあるのでチャンピオンのガイドから始まりますが、今回は良く参加してくれるNINJAばかりだったので、飛ばして早速チャンピオンからのプログラム紹介からで軽くみんなにジャブです (^^)。

時事ネタを取り込んだウィルス感染状況シミュレーターで、人数、初期感染者数を入力すると時系列でどのように感染状況が変化してゆくかを視覚的に見る事が出来ます。動きもサウンドも楽しく見せてくれます。チャンピオンの面目躍如!といったところでしょうか?


オンラインなのでもくもくタイムはほどほどに、すぐにみんなの発表に入りました。コロナ対策のこの状況は、普段の生活に色々な影響と負荷を与えていますが、NINJA達には色々なプログラミングにじっくり挑戦出来る良い機会なのかも知れません。みな積極的に発表してくれました。

チャンピオンから、JAXAが提供しているはやぶさ2を題材にしたプログラミング教材の紹されました。

すると、早速これを改造したタッチダウンシミュレーターの紹介があるNINJAが。

スラスターサウンドにスプレー音を録音したり、着陸ポイントへの距離表示のためにピタゴラスの定理を使った計算部分が苦労したそうです。なかなかマニアック

こちらは猫国に襲い掛かる犬軍団を退治するシューティングゲーム!ラスボスがどんな攻撃をしてくるかはヒミツみたいです(^^)

やはりCOVID-19ネタは多いですね。同じくシューティング?ですが、こちらはアルコールスプレーでウィルスを駆除してマスクをした、どこかで見たことあるおじさんを助けるゲーム

そして、コロナ感染がどのように進むのか、症状をわかり易くアニメーションで説明してゆくストーリーです。スクラッチキャットの様子がどんどん変わっていくのがシュールでした(,,゚Д゚)

最後はみんなでゲーム機の名前を当てながら時代をさかのぼって行くゲームです。オンラインでやると面白さも加速!!メンターも、NINJAも父兄も一緒になって「ちがったー!」「いやみんなこの頃産まれてないでしょ!?」ワイワイ楽しかったですね。


同時に喋れない、もくもく状態になると静かで物寂しい、シューティングなどのリアルタイム系プログラムはタイムラグがあるので見てもらいずらい。などオンラインならではの課題もありますが、じっくり見れたり、傾聴出来たりと良い面もあります。


6月がどうなるかわかりませんが、アイデアを出し合いながらやっていこうと思います!ではまたー!

閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page